2018年2月19日 (月)

池田エライザがとんでもないエロい役をやっているけど脱いでいるのはAV女優チェリーボーイズ


古泉智浩の同名漫画を実写化した作品です。林遣都と柳俊太郎と前野朋哉が25歳の童貞役を演じています。ヒロインはコミック実写化作品にやたら出ている池田エライザ。
父が病気で倒れクンニが4年ぶりに東京から帰ってくる。彼を迎えた友達はパチンコで働くカウパーと役場で働くビーチク。久の再会で三人とも相変わらず童貞ということを確認する。
居酒屋で女の子に声をかけるもビーチクをいじめていたプーチンがやってきて恥ずかしいことを暴露される。
彼らは童貞を脱出するために町で有名なヤリマン笛子のレプを計画するが、ひょんなことからクンニは笛子と親しくなり好きになる。
プーチンもまたフェファイトに使っていた笛子を好きになっていた。
しかし、笛子は町で最強の男ゴキのことが好きで
童貞をこじらせた三人の痛しくもおかしな性春コメディ映画ですがこの手の映画にしてはキャストがメジャー感ありました。
林遣都も一般映画で主演出来るし、脇役もプーチンが石垣佑磨だったり子分が岡倉天音だったり主演クラス。
何より池田エライザがグラドルやセクシー女優に振られがちなヤリマン役でフェファイトのシーンとか強烈です。でも肌の露出は谷間程度で脱ぎ担当はAV女優の松本メイでした。
他にもカウパーが想いを寄せるパチンコ店員役が山谷花純だったりで女優陣も見劣りしません。
物語もコメディだけどドラマ寄りで見応えあり。
この豪華キャストも頷ける出来映えでした。
これはロードショーの後にレンタルでヒットしそうな映画だと思います。

2018年2月18日 (日)

立憲民主党やらかす、

さすがの立憲民主党
もう本当に言う事無いよ

羽生金宇野銀ジャーナリスト江川紹子氏のツイートに避難殺到!日本人スゴイ!じゃなくて、羽生選手すごい!宇野選手すごい!だから。

テレビの人へ。日本人スゴイ!じゃなくて、羽生選手すごい!宇野選手すごい!だから。

ネット上のコメント
日本式サヨク中二病あるある的なコメントですね
左翼リベラル系論者がスポーツをどう見ているかがこの一言に表れていると言えよう。
彼らは日本代表が人気を博し盛り上がることを嫌う。国際大会そのものも嫌う。
選手個人が勝手に頑張るのは見たいが、その支援に国や行政レベルの大きな手が入ることは嫌う。

日本のフィギュアスケートやスポーツ界の人たちを侮辱してるって理解できねえんだろうな。

うわぁ、めんどくせぇ。日本の代表として行ってる人を日本人として誉めてるのにいちいち突っかかってくるとかめんどくせぇ

皆んながおめでとう、凄いねーって素直に喜んでるのに、どうしてこんな言葉しか出てこないんだろう?

で、日の丸の旗を誇らしげに掲げる二人を見てどう思うのでしょう

日本のことが本当に憎いんだなぁ

なら、羽生選手や宇野選手は日本人じゃないって事?日本代表ですよね?

こういう人はだいたい悪事は日本全体の責任にしたがる。

何と闘ってるんか知らんけど、大舞台の最高にいい演技にも、なんやめんどくさいチャチャ入れへんかったら見られへんのやろうか。この人も炎上芸人扱いでええなぁ。

日本にフィギュアスケート選手が育つ土壌なくして五輪で金銀メダル同時獲得なんて偉業が為せるわけがないだろう。ジャーナリスト失格。


2名前名無しさん恐縮ですsage投稿日2018/02/18(日)11:22:0558ID:zCC3fn3O1/2
反日リベラルの江川紹子としては、日本人が自分のことのように喜んでるのが悔しかったんだろうな。
江川紹子の本音ダダ漏れ
日本人が喜んでるのが悔しいです!

2018年2月17日 (土)

広瀬八段藤井五段戦14時半からだし行っ

広瀬八段藤井五段戦14時半からだし行ってこようか

誘導

私は想像力とそれを活用した先読みで物事に対処しようとします。時々暴走して可能性の海に溺れてしまい、何もできなくなってしまったりすることがあるにせよ、トータルではそれなりにプラスだと感じています。なので、ほぼ確実に予想されることについては解説付きでアドバイスをしてあげたりもしてしまうのですが、ある程度の年齢になった人については、そんなアドバイスが必要、と言うこと自体が、そのアドバイスを理解できないことを物語っているわけで、それを学習してからは余計な口出しは極力しないようになりました。とは言え、仕事でかかわっていて、その人のやることが直接自分にも跳ね返ってくる場合には早々黙っているわけにもいきません。
懇切丁寧にうまく行く方法、失敗しない方法を説明しても、それに気が付くための情報や視点に誘導しても、気が付かない人は気が付きません。こうなるとできることはただ一つで、間違った考え方であろうが、だまされて間違った結果であろうが、うまく行く方法に誘導することです。本当はノリや雰囲気、もしくは威圧して誘導するのが良いのですが、基本的なソーシャルスキルではあるものの、残念ながら共感力の低い私にはその辺のスキルがありません。私にできるのは、その人の利害や論理的な思考、その他の情報を提供することでその人の判断の結果に影響力を行使することだけです。しかしながら、この方法はそれ自体が「こうしたら、こうなる」と言う想像力によって影響を与える方法であって、想像力が欠けている人に対してあまり効果はありません。
想像力が欠けている人は、そのぶん別の方法で最善ではないにしても、より正しい判断に到達する方法を習得しており、そのためのスキルには習熟しています。と言うか、先程言ったソーシャルスキルがそれであって、「ああ言えば、こう言う」のような社会的関係性の「定石」をたどることで判断に至ります。そして、長年の経験から私が事実の認識とそれを伝えるために使う言い回しが伝えたい意味とは別に、相手に信頼関係やら反発やらを生み出すことがわかってきました。さらに言えば、多くの場合、反発や反感を抱かれるような言い回しや考え方ではありますが、それをソーシャルスキルの一部として活用することで私の「説得」も多少は効果が上がるようになりました。
残念ながら、それを活用してもなかなかうまくはいかないものの、多少なりともとれる方法があるというのはそれなりに気分が楽になります。

2018年2月16日 (金)

ウレシイけどちょっとクヤシイ

 去年の9月に自転車用のヘルメットを買ったんですが,
http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1962399471&owner_id=14956410
新カラーと新サイズが出ちゃいました.
https://www.cyclowired.jp/news/node/256738
 今被ってるのは,L/XLというサイズで,カタログによると,59-61cm.で,ボクは規格外.実際にかぶってみてバックルを最大にしたら入ったので買ったんですが,汗止めや防寒のキャップは被れません.夏冬がしんどい.で,新サイズってんで期待して記事を読んだらXS/Sだって,アタマでかいサイクリストはどうすんのよ.
 このヘルメット,人気商品で,ウチの仲間でも4人くらい使ってます.ボクの色(黒/紺)はボクが買うときでさえ,「残り僅か」の表示がでてて,今はカタログから姿を消してます.使ってても,軽いし,エアロ効果は実感できますし,涼しい.涼しさは一番高い「Zenard」の方がいいそうです(これは巨頭対応サイズがある!)が,以前使ってたBellよりはずっと涼しい.それで「Zenard」より一万円も安い.
 従来のロードバイク用のヘルメットってポリカーボネートの帽体の中に法被スチロールのインナーを貼り付ける構造だったんですが,「AERO-R1」はインナーにパネル状のポリカーボを貼っている構造なんです.トップが縦に三分割,後ろの「崖」の部分も三分割.だから新カラーみたいに真ん中の色だけ替えるのって塗り分ける必要がないんですね.いっそ,一般ユーザーからもカラーオーダー受け付けたらどうでしょうかね.Kabutoに提案してみるかな?サイズのこともあるし.

たくさんの写真。いい笑顔!楽しみです!

たくさんの写真。いい笑顔!楽しみです!草なぎ剛クソ野郎と美しき世界現場レポ!未来につながる作品から

2018年2月15日 (木)

■ しばらくの間はパソコンの利用時間を必要最低限にしよう(´・ω・`)

・【首の状態】
今朝も起きた時は顔が割と正面を向いていました。
ネットや食事をする時は、体をなるべく正面に向けていました。
首がゴキゴキと音が鳴っていたのはあいかわらず。
・【天気・気温など】
今日の天気は、晴れてやや寒かったです。
部屋の温度は、起きた時は13℃くらいでした。
あゆネコの部屋は、午後に18℃くらいでした。
明日も晴れるみたい。
・【雑記】
結局、マウスを押し付けてしまうのが、首がおかしくなっている原因なんですよね。(´・ω・`)
そして、首がおかしくて姿勢がおかしくなっているから、マウスを押し付けてしまっているんですよね。(´・ω・`)
これは姿勢が直るまで、パソコンの利用時間を必要最低限にするしかないのかも。
というか少なくとも、今の姿勢ではマウスを押し付けないようにするのは、ちょっと無理っぽい。(´・ω・`)
・【日経平均株価】
今日の日経平均の終値は310円81銭高の2万1464円98銭でした。
翌営業日はどうなるやら。

[政治]アヘ独裁も永遠ではないからな、アヘが失脚したら関係者は当然責任を問われることになる

籠池被告自宅 強制的に競売へ

Amazonプライムでいくつか見た映画

 いくつか見ていない映画をAmazonプライムの視聴可能になった作品を中心に見てみたので記録。ひとつ見たら「この作品を見た人が見ている他の作品」みたいな項目をクリックして、そこに出てくる映画を見る――みたいのもやっている。
●レフト・ビハインド
 ニコラス・ケイジの出てくる超常現象の映画なんだけど……。
 なんかとっちらかってて、パニックの作り方もインチキ臭くて、正直いって面白くなかった。なぜ人が消えるのか、消えてしまったことへの答えは提示されない。ただ、「そうだったんだろうなあ」と思うしかないような曖昧なもので、どうにもすっきりしない。
 なにが言いたいのかイマイチわからない、というのもある。
 消えた人たちのほうが良かったってこと? 消えなかった人たちの意味は?
 どうとらえたとしても、すっきりしないんだけど。
 あんまりにつまんないんで、同じように「人が服を残して消える」という映画『リセット』は見るのをやめた。
●カットバンク
 アメリカのモンタナ州の小さな田舎町を舞台に展開する、犯罪もの。サスペンスでいいのかな。
 こういうアメリカの田舎町(それも寒い地域)が舞台の殺人事件が絡んだドラマを見ると、どうしてもPSのゲーム『ミザーナフォールズ』をまたやりたくなる。あの感じなんだよなあ。
 保安官といい、街から逃げ出したい若者といい、おかしな奴といい、えばり散らしている経営者といい……なんかもうたまらん。
 筋書きは単純だが、主人公たちの仕組んだせこい犯罪が、どんどん予定外の方向へやばくなっていく。その見せ方と転がし方がなかなか良い感じで、「あーあー、どうすんだよ」とつい気になってしまう作りになっていた。
 ラストがまたなんとも言えない感じに。もの悲しいってのともほろ苦いってのとも違う、「しょうがねえなあ」って感じだった。保安官、いい人だね。
●マリアンヌ
 スパイもの……と言っていいのかどうか微妙だが、前半はそうだ。その後は、なんというか悲しい愛の物語というか、そんな感じに。
 イギリスのスパイ活動をしていた英国軍人が、カサブランカで出会ったフランスのレジスタンス出身の女スパイと協力して任務をこなし、帰国後結婚する。だが、空襲の続くロンドンで暮らしていると、妻にスパイ容疑がかかっているということで呼び出されて……みたいなストーリーなのだが、第二次大戦中のイギリスの様子が、ここしばらく『刑事フォイル』という傑作ドラマシリーズで見慣れていたので、懐かしく感じられた。
 二人の関係が前半できっちり描かれているので、逆に疑われてそれを晴らそうとするパートが短く感じられた。
 なかなか良い映画であった。
●トライアングル
 時間ループもの。
 かなり凝っている。
 前に、途中から見たことがあるので、もしかしたら午後のロードショーかなんかで見たのかもしれない。時間ループもので「どこかで見たことがある」と作品の中のくり返しで、登場人物がそんなことを言っているなか、見ているこっちも「この映画どこかで見たことあるんだけどなあ……」と気になってしまうのは、奇妙な感覚だ。
 すごく凝っていて、途中から見たのに面白かったので、1.5回観た今では、ますます面白く感じられた。ループのしかたがイマイチわからなかったり、死んでない前の時間軸の自分がいつの間にかどこかにいなくなっていたり、ループ前の記憶があったりなかったりが都合よくあったりなかったりしている気がしないでもないが、全体的に良い感じ「そう来たか」と思わせるラストにつながってるので、あまり気にならない。
 こんがらがった気分で見終わっても、あまり苦じゃないというか。
 これは一度見ておくといいかも、なお薦め作品。

2018年2月14日 (水)

実質的な最終日


クリックすると良いことが起こります
今日も現地ツアー。英語ガイドツアーだから昨日とは少し違う。
朝は曇っていたけれど、晴れてきた。
天気がコロコロ変わるのがアイスランドという国らしい。
朝曇っていてもテンション下げなくていいのはいいね!
逆にテンションダダ下がりになることもあるかもしれないけれど汗

今日は泊まっているホテルまでバスが迎えに来てくれる。
30分前に待っていてくれと言われている。
早いな〜アイスランド人は30分前行動なのかな?
今日もほぼ時間通りに迎えが来る。
ふぅ〜ちゃんと会えたよ〜バス乗れたよ〜現地ツアー参加できるよ〜
と、安心する。

後はバス乗るだけだ〜と安心してツアーに参加した。
この日も良いツアーだった。
何時にバスに戻ってくればいいかぐらいはわかったし、ガイドさんは時話しかけてくれた。観光案内はほとんどわからなかったけれど汗

荷物に関してのメールがきた。
なんと!メールによるとカナダで荷物をピックアップしなければならなかったとのこと!
日本語で確実にピックアップは不要と確認したのに!!!
成田言ったらめちゃくちゃ文句言ってやろう!

いやー、でも驚きだ。でかいバッグ用意したけれど、なくても旅行出来るらしい。スーツケースを2つぐらい運んでいる人も良くいるけれど、意外とあの人たちもバッグがなくても旅はできるのかもしれない。
ショルダーバッグ一つで世界一周はできるらしい笑

ショルダーバッグひとつで世界一周しました
なんて本のタイトルにありそ〜あははははは〜

本当に書いてみようか?
というわけでこんな何気ない思い付きからこの旅行記は作られることになりました。
おススメです。
ちょっといい自分になるおまじない
ブログの内容は引用転載自由です。
引用転載元としてを記載していただけると嬉しいです。
クリックすると良いことが起こります

«気温上昇