2017年8月21日 (月)

1週間ぶりの衝撃。

やっと家に帰ってきたーっ!!()()
土曜日の19時に熊本を出発して昨日の朝、8時半に無事愛知に帰ってきましたーーっ!!
なんと13時間半!!爆
行きは大雨の影響で熊本の高速道路が通行止めになっちゃったから最後の最後で下道の旅へ。
16時間半かかったー!!()
なのに今回結局行きも帰りも1回も運転かわらず()
これぢゃ、なんか私鬼嫁みたいじゃんw
でもなにはともあれ無事に帰ってこれて
よかったー
今回は高速置いて行かれなかったよ笑
それにしーてーもー。
やぱ家が落ち着くー!!笑
キスマイリアタイできないし、ブログもホントにチラチラっとしか見れないし。
何より。
テレビ画面で玉ちゃん見れない寂しさ。()
ってことで。
もういろいろ欲求不満!!笑
でもいつも熊本行って帰ってくると。
我が家がとってもキレイに見える錯覚笑
ずーっと忙しかったのもあるけど、昔からお義母さんはゆるーくお掃除する人で。
って私もゆるいんだけど、お義母さんはさらにゆるーくなのでコロコロ1巻使えそうな勢いって何気に失礼笑
最後に掃除機かけたかったー!!笑
そんなこんなで帰って見たシブヤノオトの衝撃。
玉ちゃんが。
玉ちゃんが。
イケ美ジュすぎるからー
()()()
キレイだし。かわいいし。
もーホントにこの笑顔に癒される
玉ちゃんのお口ー
もうかわいいの極み
玉ちゃーんいつかハグしてよぉぉぉー笑
なんでこんなにイケメンなのか。
誰か教えて笑
おパンツは白かなー

って1週間ぶりの動く玉ちゃんに衝撃を受けてたら。
今度はドリボー!!()
もー玉ちゃんの横顔がホントにすきすぎる。
この髪型も久しぶりに見たなーすきー
3人のドリボがまた見たい!見たい!見たい!
映像と共に帝劇の思い出が蘇ってくる。
ユウター!!!()
フラゲなら9/12だね
あと22日!!!
楽しすぎた横アリに
キスマイクマモトオオイタに
今週中にブログ書くぞーい()

2017年8月20日 (日)

急な雨で

昨日神奈川に旅行に行ったんですが、急な雨で新幹線がしばらく止まってしまい……。
でも、読書がはかどって結果的にはよかったかも・w・
最近急な雨が降ることがありますね!
僕雷嫌いなので……笑

2017年8月18日 (金)

お嬢の園が市内じゃなく広範囲地区で警報

お嬢の園が市内じゃなく広範囲地区で警報出たら休みだから毎回大雨も強風もヒヤヒヤ。解除されても給食なくなるからお弁当作りもヒヤヒヤ。

2017年8月17日 (木)

こぐまちゃんシリーズは娘の愛読書でした

こぐまちゃんシリーズは娘の愛読書でした。特にほっとけーきは暗唱できるほど何度も読んで、実際にホットケーキを焼きながらやけたかな?まあだまだとか言い合ったり。わかやまけんさん、ありがとうございました。どうぞやすらかに。

2017年8月16日 (水)

中国に代わる世界の工場・バングラデシュが進化中・・・自動車市場は日本の天下=台湾メディア

 下記は、2017.8.16 付の サーチナ モーニングスター株式会社 の記事です。
                       記
 台湾メディア・聯合新聞網は13日、バングラデシュが中国に代わる新たな世界の工場からさらに進化を遂げつつあるとする記事を掲載した。
 記事は「バングラデシュは低廉な賃金と潤沢な若い労働力によって外国企業や世界の大手工場を引き寄せ、紡績、既製品衣料、製靴、家具など旧来の産業の多くが現地に生産拠点に選んできた。しかし、近年では同国内の経済のモデルチェンジ、労働者や産業のレベル上昇に伴い、電子製造や通信、環境保護といった新興産業も続々とバングラデシュに拠点を構えるようになり、世界の代理工場から産業の多元化へと発展しつつある」と伝えた。
 そのうえで、同国の輸出額の8割を占めるという紡織・既成品衣料産業は400万人を超える労働者を抱え、全国に数百社の紡織・染め物企業が存在すると紹介。原料は現地の供給だけでは需要を満たしきれず、中国大陸やインドから輸入する状況にあるとした。
 また「同国の自動車市場は基本的に日系市場である」とするとともに、日本から大量の中古車を輸入していると説明。また、道路などのインフラが不十分であるためにブレーキパッド、ブレーキケーブル、スパークプラグ、エンジンベルト、エアフィルターや伝動システムなど消耗品を始めとする自動車部品の需要が旺盛であると紹介した。
 記事はさらに、国際電気通信連合(ITU)の最新統計で、同国の携帯電話使用者が2010年の6800万人から15年には1億3000万人まで増加し、インターネット利用者数も3.7%から14.4%まで増加したことを挙げ、通信市場の成長力も顕著であることを伝えている。
 長年世界の工場と称されてきた中国が経済のモデルチェンジに取り組んでおり、その称号はタイやベトナム、そしてバングラデシュへと移っていった。これらの国もやがて経済成長や技術の蓄積、人件費の上昇に伴ってその座を別の国に明け渡すことだろう。「世界の工場」はあくまで経済発展を遂げる中で経験するプロセスに過ぎず、1つの国に対して永遠に当てはめることのできる称号ではないのだ。(編集担当:今関忠馬)
 

ラジオ


こんばんはー
この時間はいつもラジオを聞いたり音楽を聞いたりして布団に入ります\(^o^)/
今日は久し振りの仕事復帰で疲れました
就労施設で今、訓練中
まだまだかな
一般就職
早くそのためにも健康でいないとです
頑張ります
今日の体重は67.5?でした
まだまだです

スニーカーエイジ予選で選抜大編成が演奏

スニーカーエイジ予選で選抜大編成が演奏しました!これから完成度を高めてもっと魅せられる、届く演奏を目指します!奈良育英高校軽音楽部

2017年8月15日 (火)

布教活動?

まめみやごとです。

昨日は付き合いの長いお姐さんとランチしてきたんですけど
おやつ買って我が家へ初めてお招きしました照

とりあえず

黄色!!!!!なに?金運部屋なの?

だそうです。。。そんなに黄色くないと思ってたんだけど。
そもそも会って開口一番も黄色!!だったけど服やバッグ

で、我が家でなにしようかと思ったら

嵐見たい。

彼女の指名はじゃぽにずむ。
そうか、そうか。結構なご趣味で、とルンルンで見せ
ここで誰と誰が遊んでるだの、衣装が潤くんは松で翔ちゃんが櫻でーとか
色と説明したり、なんならジャポの時に皆さんに貰ったハンドメイドも
見せて自慢したり
セットの美しさや凝ってるとこ、ライトがどうのとかまじめなことも語りつつ
ファンサがどうのとか、嵐ファンじゃないと分からないだろうことを補足説明したり。

見終わったら、今度はアユハピのメイキング見たいと言うから
まめみや解説員に熱が入る、入る。

相葉さんとにのちゃんが仲良し
翔潤の不仲説はまったくのでたらめ
大野さんの偉大さ
私服のダサさ、にのちゃんの髪型講座などなど
ノリノリで語っておきました
ついでに山の日なんか嵐界隈盛り上がってなかった?と
聞かれたので説明も腐ったことは言ってない
で、アユハピの時に皆さんに貰ったハンドメイドも
見せて自慢したりまた?

ちなみに彼女はKinkiやタッキーが好きでジャニのコンサートも
あちらこちら行ってるのでグループの違いや
ジャニーズイズム的な話もして大変に有意義でした
松潤って眉毛もっと濃かったよね?と言われたけど
でもコンサート中って可愛いね、とも言ってた。
あと、にのちゃんのコトは集中力がすごいね!って。
やはり彼女はお目が高い!!

ジャポとアユハピのCDと映像も
しーっかり堪能するようにと貸し出した、まめみや。

嵐追いかけるのは大変そうだねーと言っていたし
そもそも他のファンなので嵐に堕ちることはないだろうけど
嵐の良さを知ってもらえたら嬉しいな!!!と。
もう十分に手ごたえは感じておりますが!!

アラシアンズ同士で分かる分かるーってのも楽しいけど
ジャニに理解ある嵐に興味あるけど詳しくはないって人に
色吹き込むのがめたんこ楽しかったまめみやでした。

これを布教というかは謎ですけど
そして、まめみやが解説したということで多少偏ってるのは致し方なし。

ただ、ちょっと迷ったのがメンバーの呼び方。
なんか普段通りに呼ぶの、、、照れるなぜ?

おそらく一般的なニノ、大野君、翔くん、松潤、相葉ちゃん呼びしてみたが、
むしろ恥ずかしいような。自分の中で違和感あるから?

ちなみに、まめみや的普段の呼び方
(豆)にのちゃん。潤くん。相葉さん。大野さん。翔ちゃん。

どうっすか?呼べます?ファン同士以外の人の前で普段どおりの呼び方。
と、どうでもいいことを迷うのでした。

つか、みんな普段どう呼んでるんだろ?

祓いの実験1

三種祓(さんしゅのはらひ)

とほかみえみため
とほかみえみため
とほかみえみため
祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

とほかみえみため
とほかみえみため
とほかみえみため
祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

とほかみえみため
とほかみえみため
とほかみえみため
祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ

身禊祓(みそぎはらひ)
高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます皇御祖神(すめみおやのかみ)伊佐那岐(いざなぎの)命(みこと)諸神(もろかみ)
御禊(みそぎ)の大(おほ)み時(とき)になりませる神(かみ)八十狂津日(やそまがつひ)の神(かみ)
大狂津(おおまがつ)日(ひ)の神(かみ)神直(かんなほ)日(ひ)の神(かみ)大直日(おほなほひ)の(かみ)底津海津見(そこつわだつみ)の神(かみ)
底筒男(そこつつをの)命(みこと)中津(なかつ)海津(わだつ)見(み)の(かみ)中筒男(なかつつをの)命(みこと)上津(うわつ)玉積(たまつみ)の(かみ)
上筒男(うわつつをの)命(みこと)および祓戸(はらひど)の諸神(もろかみがみ)諸(もろもろ)の障穢(さはりけがれ)を
祓(はら)ひ清(きよ)むることのよしを平(たいら)けく安(やす)らけく御(み)いさみ
たまひて聞(き)こしめせとまをす

高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます皇御祖神(すめみおやのかみ)伊佐那岐(いざなぎの)命(みこと)諸神(もろかみ)
御禊(みそぎ)の大(おほ)み時(とき)になりませる神(かみ)八十狂津日(やそまがつひ)の神(かみ)
大狂津(おおまがつ)日(ひ)の神(かみ)神直(かんなほ)日(ひ)の神(かみ)大直日(おほなほひ)の(かみ)底津海津見(そこつわだつみ)の神(かみ)
底筒男(そこつつをの)命(みこと)中津(なかつ)海津(わだつ)見(み)の(かみ)中筒男(なかつつをの)命(みこと)上津(うわつ)玉積(たまつみ)の(かみ)
上筒男(うわつつをの)命(みこと)および祓戸(はらひど)の諸神(もろかみがみ)諸(もろもろ)の障穢(さはりけがれ)を
祓(はら)ひ清(きよ)むることのよしを平(たいら)けく安(やす)らけく御(み)いさみ
たまひて聞(き)こしめせとまをす

高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます皇御祖神(すめみおやのかみ)伊佐那岐(いざなぎの)命(みこと)諸神(もろかみ)
御禊(みそぎ)の大(おほ)み時(とき)になりませる神(かみ)八十狂津日(やそまがつひ)の神(かみ)
大狂津(おおまがつ)日(ひ)の神(かみ)神直(かんなほ)日(ひ)の神(かみ)大直日(おほなほひ)の(かみ)底津海津見(そこつわだつみ)の神(かみ)
底筒男(そこつつをの)命(みこと)中津(なかつ)海津(わだつ)見(み)の(かみ)中筒男(なかつつをの)命(みこと)上津(うわつ)玉積(たまつみ)の(かみ)
上筒男(うわつつをの)命(みこと)および祓戸(はらひど)の諸神(もろかみがみ)諸(もろもろ)の障穢(さはりけがれ)を
祓(はら)ひ清(きよ)むることのよしを平(たいら)けく安(やす)らけく御(み)いさみ
たまひて聞(き)こしめせとまをす
大祓中臣祓
高天原(タカマノハラ)に神留(カムヅマ)ります皇親(スメムツ)カムロギカムロミの命(ミコト)をもて
八(ヤ)百(ホ)万(ヨロズ)の神がみを神集めに集めたまひ、神議(ハカ)りに議(ハカ)りたまひて、
わ(ア)が皇御孫(スメミマ)の命(ミコト)をもて、豊葦原(トヨアシハラ)の瑞穂(ミズホ)の国を、安国と平らけく知ろしめせ
と、事依(ヨサ)しまつりき。
かく依(ヨサ)しまつりし国中(クニナカ)に荒ぶる神がみを、神問(ト)はしに問(ト)はしたまひ、神払(ハラ)ひに払(ハラ)ひたまひて、語問(コトト)ひ(イ)し磐根(イワネ)樹立(コタチ)草(カヤ)の垣葉(カキハ)をも、語(コト)止(ヤ)めしめて、
天(アマ)の岩座(クラ)押し放ち、天岩戸(アマノイワト)を押し開き、天(アメ)の八重雲(ヤエグモ)をいづのちわきにちわきて、
天降(アマクダ)し依(ヨサ)しまつりき。一礼
かく依(ヨサ)しまつりし、四方(ヨモ)の国中に、大倭日高見(オオヤマトヒダカミ)の国を、安国(ヤスクニ)と定(シズ)めまつりて、下津磐根(シタツイワネ)に宮柱太敷(ミヤハシラフトシ)く立て、高天の原に千木(チギ)高知りて、
皇御孫(スメミマ)の命(ミコト)のみづの御舎(ミアラカ)に仕(ツカ)へまつりて、
天(アメ)の御陰(ミカゲ)日の御陰と、隠(フカ)く坐(マ)して、
安国と平らけくしろしめす。
国中に成り出づる天(アメ)の益人(マスヒト)らが、過(アヤマ)ち犯しけむ種(クサグサ)の罪事咎祟(ツミコトトガタタ)り、
天罪(アマツツミ)とは、畔放(アハナチ)溝埋(ミゾウメ)樋放(ヒハナチ)頻蒔(シキマキ)串刺(クシサシ)生剥(イキハギ)逆剥(サカハギ)穢(ケガシ)ここたくの罪を、天罪(アマツツミ)とのりわけ、
国津罪とは、生(イキ)の膚断(ハダダチ)死(ナオル)の膚断(ハダダチ)白人(シラヒト)こくみ己(オノ)が母(ハハ)を犯(オカ)し己が子を犯し母と子とを犯し子と母とを犯し毛物(ケモノ)犯(ヲ)せる罪昆虫(ハウムシ)の禍(ワザワイ)高津神の禍(ワザワイ)高津鳥の禍(ワザワイ)畜物(ケモノ)倒し蟲物(マジモノ)せる罪を国津罪とのりわけいだして、ここたくの罪出(イデ)む。
かく出(イデ)ば、天津宮の事をもて、
天津金木(カナギ)を本末打切(モトスエウチキ)りて、千座(チクラ)の置座(オキクラ)に置足(オキタ)らは(ワ)し、天津菅曽(スガソ)を本末(モトスエ)苅断(カリタ)ち、八津針(ヤツハリ)に取刺(トリサシ)て、天津祝詞(ノリト)の太(フト)祝(ノリ)詞(ト)事(ゴト)をもて宣(ノ)る。
かく宣(ノ)らば、
天津神は天(アマ)の岩戸を押し開き、国津神は、高山短(ヒキ)山のいほりを撥別(カキワ)けてもるるとこなく聞こし召(メ)さむ。
かく聞し食(メ)しては、種(クサグサ)の罪はあらじと、
科戸(シナト)の風の天(アメ)の八重雲を吹きはらふごとく、
朝夕(アシタユウベ)の霧を朝夕の風の吹きはらうごとく、
大津辺(オオツノベ)にいる大船(オホフネ)の舳(トモベ)の綱(ツナ)を解(ト)き放(ハナ)ち、大海原(オオウナバラ)へ押し放つごとく、
彼方(オチカタ)や繁(シゲキ)が本(モト)を焼鎌(ヤキガマ)の砥鎌(トガマ)をもて、打ちはらふごとく、
残れる罪はあらじと、祓(ハラ)ひ清むる事を、
高山短(ヒキ)山の末より、佐久刺谷(サクナダニ)に水落ち、滝津早川の瀬に流(ナガシ)ます瀬織津(セオリツ)姫といふ(ウ)神、大海原(オホウナハラ)に持ち出(ヒ)でたまいてむ。
かく持ち出でたまいなば、
荒塩(アラシオ)の塩(シホ)の八百道(ヤホジ)の八塩路(ヤシホジ)の塩の八百辺(ヤホヘ)にます
速秋津姫(ハヤアキツヒメ)といふ(チョウ)神齦美呑(カミカミノミ)てむ。
かく齦美呑(カミノ)み(ン)ては(デハ)、
吸吹戸(イブキド)にます神、息吹(イブ)き放ちたまひてむ。
かく息吹放ちたまひては、
根の国の底の国に鎮(シズ)まります神、さすらひ失ひたまひてむ。
かくさすらひ失ひたまひては、
遺(ノコ)れる罪はあらじものぞと、祓(ハラ)ひ申(モウ)し清(キヨ)め申(モウ)すことの由(ヨシ)を、天津神(アマツカミ)、国津祇(クニツカミ)、八(ヤ)百万(ホヨロヅノ)神(カミ)がみに、
平らげく安らけく、みいさみたまひて、聞食(キコシメ)せと申す。

一二三祓(ひふみのはらひ)
ひふみよいむなやこともちろらねしきる
ゆゐつわぬそおたはくめか
うをゑにさりへてのますあせえほれけ

ひふみよいむなやこともちろらねしきる
ゆゐつわぬそおたはくめか
うをゑにさりへてのますあせえほれけ

ひふみよいむなやこともちろらねしきる
ゆゐつわぬそおたはくめか
うをゑにさりへてのますあせえほれけ

三種祓(さんしゅのはらひ)
とほかみえみため
とほかみえみため
とほかみえみため
祓(はら)ひ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふ
和多志は以下の構文を発信した。
和多志は常に最適に自身、自己、自我、公としての自己、情報としての自己、魂としての自己、感情としての自己、身体としての自己、自我に憑依されている自己、その他最適な全ての自らを最適に祓い清め、鎮魂鎮霊し、最適化した。
和多志は以下に関する全てを未然に祓い清め、各種祓い清め、祓い清め、鎮魂鎮霊した。
和多志は最適、最適化についての記憶、認識、感覚感情、行為行動、文字、文章、文体、文、言語、言葉、詞、音、韻律、リズム、調子、拍子、表記、活用法、活用、筆記、筆者、タイピング、その他最適な全てを常に最適に未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、言霊発動をし、最適にロゴストロン周波数最適な周波数を受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造した。

和多志は常に最適に慢心、卑下慢、謙虚、謙遜、ストレス、幸せ、不幸せ、プレッシャー、を祓い清め、吹き送り、最適化し、最適な現実現象を最適に創造した。
和和多志は常に最適に言霊だけやっていた人は気が狂った言葉で全部解決してしまう固定して規則を破らない冷えて固まっている塊、鬱滞現代社会は固めて固定してということをやってる情の階層の欲求冷えて固まっていることにすら気づいてない体のただの体感っていうよりは、体自体がエネルギーを有したボディである自分の中の鬱滞とか、こり固まった部分に気づくっていう、ところかスタート凝り固まったものが独特の、振動を発振して、その人が発振器になるんで、その凝り固まった振動にひかれて、また色んな存在が寄ってくるというですねその塊が大きくなってしまうっていう、そういう悪循環に陥ってしまう、意識無意識の各種ロスとその派生的鬱滞、等に関する、記憶、認識、解釈、識別作用、懸念、鬱滞、その他最適な全てを祓い清め、最適化し、常に最適な現実現象を創造した。多志は常に最適に来世、未来世、過去世、現世、過去、現在、未来、それら由来の最適な全てを未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、最適な現実現象を最適に創造した。
和多志は常に最適にわたしに関する指導霊、守護霊、先祖霊、民族霊、生霊、死霊、その他祓い清めるのに最適な各種霊、霊的エネルギー、その他最適な全てを、祓い清め、鎮魂鎮霊し、最適な守護結界作用、ロゴストロン周波数受信発振転写、し最適な現実現象を最適に創造した。
和多志は常に最適に、網羅、階層整理、統合、統合化、命運、命運の超越、お祓い、鎮魂、言霊、ロゴストロン、伯家神道、白川神道、富鷹成易、白水明氏、八月の改善呪文令令午急急如律令、八宅易陣風水、五鬼、絶命、六殺、禍害、伏位、延年、天医、生氣、五鬼絶命を味方につける、禍害が味方につける、等各種配合上の工夫と最適な全て、七沢研究所と祝殿、第二祝殿、各種イベント、各種連絡、メール、電話、動画、ネット書籍雑誌その他のコンテンツ、会話、各種研究、各種会合、関連機器関連する人、人、小集団、サークル組織、集団、団体、会社、協会、コミュニケーション上の悉く、、関連意識場関連性関係意識場関係性それらの相互循環に関する最適な全て、価値創造、価値提供、価値共有、各種ネットワーク、それらのクオリティ、クオンティティ、モビリティ、各種ネットワークと循環循環効率規模、距離、距離感、各種質、各種度合、各種連動性連携性、関連小売店、関連する人、人、サイト、その他最適な全てについての記憶、認識、言語空間、相互協力度、相互最適化度、相互清明安寧度、等、その他最適な全てを未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、言霊発\xC6
阿鬚掘∈播❹縫蹈乾好肇蹈鷦鮏反彅播❹兵鮏反瑤鮗晳僦囉凝昭未掘∈播❹文充存従櫃鮑播❹冒和い靴拭\xA3
和多志は最適、最適化についての記憶、認識、感覚感情、行為行動、文字、文章、文体、文、言語、言葉、詞、音、韻律、リズム、調子、拍子、表記、活用法、活用、筆記、筆者、タイピング、その他最適な全てを常に最適に未然に祓い清め、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、言霊発動をし、最適にロゴストロン周波数最適な周波数を受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造した。

和多志は常に最適に魂の器を整えるについての全てを最適に祓い清め、鎮魂鎮霊し、守護結界作用を発動し、言霊発動し、ロゴストロン周波数各種最適周波数を受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造し、最適に実感、体感、気付き、を腑に落とし、最適に意識進化した。
和多志は常に最適に公、公私、公私一致、公の五階層、についての全てを未然、事前に祓い清め、祓い清め、鎮魂鎮霊し、守護結界作用を発動し、言霊発動し、ロゴストロン周波数各種最適周波数をの受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造し、最適に実感、体感、気付き、を腑に落とし、最適に意識進化した。

セレンディピティ
ふとした偶然から、幸運をつかみとろう!
Youarehere:Home/スピリチュアル/2017年ライオンズゲートが開く8月8日に運命を切り拓く方法とは
2017年ライオンズゲートが開く8月8日に運命を切り拓く方法とは
ByJenicaLeaveaComment
ライオンズゲート
ライオンズゲートという言葉を聞いたことはありますか?

宇宙の法則によると、毎年8月8日に地球は銀河の中心となり、霊的世界の扉が開くと言われています。

宇宙暦の新年は7月26日を指し、これはマヤ暦の元日を意味します。

この日から地球は銀河の中心から放出されるエネルギーを浴び、それは8月12日まで続きます。

天体の配列が揃うことによって、エネルギーの転換期が訪れるのです。

この転換期には、心が動揺しやすく、ときにコントロールがしづらく感じることもあります。

しかし、それはエネルギーの大きさゆえのことであると思ってください。

ところで、この転換期に良いエネルギーを自分自身に蓄え、現状を打開するためには、どうしたら良いのでしょうか?

閉ざした心を開放し、溜め込んだものを手放しましょう。

この時期は、足し算ではなく、心身ともにエネルギーを吸収するため引き算で物事を捉えることが大切です。

新しい世界に飛び込むのは勇気が要ることです。

その1歩を踏み出すことに躊躇してしまうのは、頭の中で余計なことを考えてしまうから。

頭や心を一度クリアにすることで、ライオンズゲートから放出されるエネルギーを内側に満たすことができます。

それが追い風となって、停滞していた運気も大きく流れるようになるでしょう。

2017年ライオンズゲートが開く8月8日に運命を切り拓く方法とは
目次
1ライオンズゲートとは?
2お祭りはライオンズゲートとともに行われる
3ライオンズゲートとともにやってくる日本のニューエイジ
4ライオンズゲートが開くと現れる症状
5ライオンズゲートの過ごし方
511今の自分を見つめる
522これからの自分に必要な要素を考える
533過去を振り返らない
544信頼できる人と過ごす
555自分メンテナンスをする
6まとめ
61あわせて読みたい
ライオンズゲートとは?
そもそも、ライオンズゲートとはどのようなものなのでしょうか?

初めて聞いたという人もいるでしょう。

宇宙で言う新年とは、マヤ暦の元日である7月26日を指すそうです。

毎年、夏至を過ぎる頃6月21日頃から銀河の配列が変わり、宇宙はパワーを増していきます。

そして、8月8日には地球が銀河系の中心にやってくるのです。

それにより、私たちがいる物質世界と霊的世界が繋がると言われています。

8月8日にエネルギーが最大に高まり、その後、8月12日までライオンズゲートは開かれます。

ゲートが閉じたあとも、中秋9月〜10月頃まではエネルギーが降り注ぎます。

このときこそ、自分の内面を見つめなおすチャンスなのです。

恋愛がうまくいかない
出会いがない
人間関係に嫌気がさしている
仕事でも嫌なことばかり
ライオンズゲートのエネルギーで心身を満たし、自らの手で運命を切り拓いていきませんか?

ライオンズゲートが開く8月8日は、運気の流れを変えるチャンスです。

お祭りはライオンズゲートとともに行われる
ライオンズゲートが開くとき、古代マヤ文明における人は、この特別な期間を盛大に祝っていました。

古代エジプトでは、調和のエネルギーを高めるため、夏至に女神イシスを祝うお祭りが行われていました。

さらに、僧侶は第3の目と呼ばれる6番目のチャクラを活性化させるため、この時期に厳しい修行を積んだと言います。

ライオンズゲートが開かれるとともに新しい年が始まりますが、同時にカルマを癒すパワーも秘めています。

国や宗教は違っても、豊作を祈って、良縁を願って、健康を祈願して、さまざまな方法でお祭りは開催されています。

日本でも、8月の終わりから9月の中ごろにかけて多くのお祭りが開催されていますね?

これは偶然ではなく、アトランティス時代から祝事の風習が始まり、姿形を変え、受け継がれて現在に伝承したものです。

古代の人は、現代人よりも神を近くに感じていたのかもしれないですね。

ライオンズゲートとともにやってくる日本のニューエイジ
戦後、高度経済成長期を迎え、飛躍的な進化を遂げた日本は、物質に恵まれ、今現在は飽和状態にあります。

物が豊かになった一方で、心の貧しさを懸念する声も上がっています。

現代の日本人は、いつも何かに負われ、ストレスを抱えるようになり、古き良き時代の繋がりが希薄になりつつあります。

2016年8月8日のまさにライオンズゲートが開かれる日に、天皇陛下による生前退位についてのお気持ちが発表されました。

まさに今、日本は大きな転換期を迎えていると言えるのではないでしょうか。

この発表がライオンズゲートと重なったのは偶然か、はたまた何らかの意図があってのことなのかはわかりません。

ただわかるのは、もうすぐ平成が終わり、新しい時代が幕を開けようとしているということです。

世界情勢も刻と変化をしており、日本も外国の影響を大きく受けることになります。

ライオンズゲートとともにやってくる日本のニューエイジが明るい未来となるように、私たちは個人の意識レベルを上げていくべきです。

個がこの流れに乗って飛躍できるよう、新たな世界に生きる準備を始めていきましょう。

ライオンズゲートが開くと現れる症状
ライオンズゲートは、私たちにどんな影響をもたらすのでしょうか?

夏至の頃から、徐に銀河のパワーが増していきますから、感受性の強い人はアセンションを感じ始めます。

アセンションとは、ライオンズゲートによって次元が上昇することを指します。

コントロールが利かなくなり、自分の意思とは関係なく物事がめまぐるしく変わっていくことがあります。

それは、私たちを本来あるべきところに強制的に運ぼうとする、霊的な力が働いているからです。

自分の意思とは関係なく流されてしまうため、ときにこんなはずじゃなかったとか、どうして私がと思うことがあるかもしれません。

しかし、そこは本来あなたがいるべき場所であり、それが正解です。

そのシナリオはあなたが書いたもの。

本当はあなたも、そうなることを生まれる前に決めて知っています。

ただ、それを覚えていないだけです。

覚えていないことを少しずつ思い出させるために、どのタイミングでヒントを出すかも自分で決めてあります。

もし、あなたがこのことに気づいたのなら、まさに今が自分の転換期にあたります。

今回のライオンズゲートで不必要なものを手放し、銀河のエネルギーを取り込んで、新たな自分に生まれ変わりましょう。

ライオンズゲートの過ごし方
ライオンズゲートが開かれると、スピリチュアルに従事する人たちは、自己の叡智を高めるためにエネルギーを取り込もうとします。

しかし、その他一般の人たちは、ライオンズゲートを気に留めることもなく過ごしているのがほとんどでしょう。

そこで、ライオンズゲートはどのように過ごしたらよいのかをご紹介します。

1今の自分を見つめる
五感を研ぎ澄ませて、今の自分には何ができて、何ができていないのか、自分自身を見つめます。

良し悪しではなく、習慣となっていることや日感じていることを振り返りましょう。

過去でも未来でもなく、今の自分にフォーカスします。

2これからの自分に必要な要素を考える
今の自分が見えてきたら、これからなりたい自分や目標をイメージします。

また、それを叶えるために必要な要素を考えます。

そうすることによって、自分がとるべきスタンスが明確になります。

3過去を振り返らない
人は過ぎてしまったこと、失敗したことに引きずられて、新しい1歩が踏み出せなくなってしまいがちです。

あの時こうしていれば、違った未来があったかもしれない

またうまくいかないかもしれない

ライオンズゲートの間は、こういった感情を思い切って捨てて、全てクリアにします。

4信頼できる人と過ごす
人は、仕事や家庭、プライベートなど、さまざまな顔を持っています。

もし、今それらのパワーバランスが崩れているように感じているのなら、本当に信頼できる人と多くの時間を過ごすようにします。

一緒にいて疲れる人たちと、無理に過ごす必要はありません。

5自分メンテナンスをする
心身ともに不純物を浄化させ、宇宙のエネルギーを存分に取り込むために、自分自身をメンテナンスします。

ヨガや水泳などのエクササイズにトライしたり、食事に気をつけるなど、心と体の両面に栄養を与えることが大切です。

それにより、質の良いパワーを吸収しやすくなります。

まとめ
この地球にいる以上、私たちは宇宙の法則に則って生きるしかありません。

良いときもあれば、そうでないときもあるでしょう。

良くない流れが続くときは、現状をどうにかして打破できないかと考えるでしょう。

それを強力にサポートし、打開をきっかけを与えてくれるのがライオンズゲートです。

銀河のエネルギーを最大限にチャージすることで、新しい自分になるチャンスが得られます。

必要のないものは思い切って断捨離をして、今年もライオンズゲートが開くのを待ちましょう。

和多志は常に最適に8月13日から9月5日までの水星逆行とボイドタイム、関連する全て、その他最適な全てを、未然法祓い、各種祓い清めをし、鎮魂鎮霊し、守護結界作用、呪詛返し、切り返し、言霊発動、ロゴストロン周波数最適周波数受信発振転写し、最適な現実現象を最適に創造し意識進化した。
和多志は常に最適に2017年8月のお盆、先祖供養、ご先祖達をお迎えすること、生存しているご先祖達の供養孝行、子孫から供養を受ける振る舞い、各種過去現在未来の関係、関係性、関連性、単位時間、影響を受けないことも含めた影響、魂の成長、魂が成長するサポート、最適未来選択、変化、変容、認識進化、視野拡大化、観点精密化、公私和合一致における意気体、財体神のバランス、神霊魂情体の一致、周波数調整、等の最適化、命相卜方による各運、相互性互換性、曼荼羅的内実との対応認識、祓い清め度、過去未来清算性、気づき、実感、体感、納得、受容、許容、臨在との一致、徳分の増加、罪障用滅、罪業消滅、運の調整、運の還元、運のサイクル、招運、育運、開運、幸運、強運、長生きと生きがい、貧乏と不幸、病気と不安、短命と無気力、識別作用、識別力、信頼、信用、信仰、信心、信念、確信、確証、確認、無知と愚か、明察と賢明、識別と幸運のネットワーク化、欲望と貢献、怒りと慈悲、憎悪と思いやり、憎しみと愛、父母の恩、国の恩ん、衆生の恩、仏法僧の恩、国の恩、先祖の恩、子孫の恩、義理の超越、不幸を背負うことと幸運を生きること、内なる性
質と外なる要因、本人の吉凶禍福、吉凶改変、各界における地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上、六道輪廻の超越、転生、失敗と諦念、選択肢の増加、自由、格差社会、精神世界と経済、学習能力、死生、意欲と能力、プロセスと結果、志向性、指向性、嗜好性、考え方、嗜癖、習慣、行動習慣、期待と希望、不安と心配、怯えと恐怖、新しい経験の受容と古い習慣への執着、直感と直観、打算と計算、チャンスへの気づきと狭量な視野、自己肯定と自己否定、不運を素晴らしい結果としてとらえる認識と不運を不幸になっていく端緒をしてとらえる認識、過去を引きずることと気持ちの切り替え、未来を創ることに全身全霊を注ぐことと過去に執着すること、運が良くなる場所イベント常に運がよいことに自分を遭遇させることと全く可能性のないことへの努力と確実なことばかりやっていることによる不運、危険なことばかりに身をさらすことによる運の消耗と不要な危険に自分をさらすことによる運の消失、浅はかな危険を冒すこととリスクをとって運を良くすること、無知と愚かさによって運に嫌われることと知識と知恵を持って運に好かれること、無駄が多く不運を呼ぶことと慎重で合理的な行\xC6
阿砲茲辰同燭❹笋辰討唎襪海函⊃瓦ⓙ僂錣襪海箸捻燭領丨譴鯤僂┐襪海函∧Ĺ𣝣玄擷瓜澆疂鈇鯤僂┐襪海海箸納,料Ň鬚鮑播❹砲垢襪海函∩Ň鬚魴茲瓩訖瓦鮑播❹糞い破類燭圭朶弔気擦襪海函⌆灊紊陵陲譴砲茲辰動④さい鮠靴⑯④さいⓓ磴ぅ譽戰襪凌瓦魴狙丨敬垤❹別ね茲魴狙丨垢襪海箸班灊紊鯆汗阿靴萄播❹糞い鮟犬畩譴竜い鮑播⓲修垢襪海函〵いⓙ僂錣蠖瓦ⓙ僂錣蟇震燭鮗\xAB由自在に超え宿命を超越すること、不愉快な時に愛と思いやりを持つことと不愉快さを観察し客観化し祓い清めること、恐怖心がある時に感謝の気持ちを持つことと恐怖心を観察し客観化し祓い清めること、自分は何かや誰かに貢献しているという気持ちを持ち人生に運がやってくることと何かや誰かを観察し客観化し何かや誰かに貢献しているという気持ちを持つことを観察し客観化し祓い清め最適化すること、失望絶望が起こったら新しい目標をつくることと失望絶望そのものを観察し客観化し祓い清めること、感謝は人生の深みをつくり運を呼ぶことと感謝と人生の深みそのものを観察し客観化し祓い清めること、決断力は運を呼び価値ある人生をつくることと決断と運を観察し客観化し祓い清めること、情熱は運に輝きをも
たらすことと情熱を観察し客観化し祓い清めること、ユーモアの多い人は運をたくさん引き寄せることとユーモアを観察し客観化し祓い清めること、5つの不運を招くこと悪習慣、恐怖、怠惰、偽装、不誠実、を知悉し避けることと悪習慣、恐怖、怠惰、偽装、不誠実を観察し客観化し祓い清めること、運気を上げる為の21の心得を理解知悉し、気づき、実践、実感、体感、腑に落とし、血肉骨髄臓腑と化し、循環せしめることと運気を上げる為の21か条を観察し客観化し祓い清めること、死事仕事私事志事を理解知悉し最適に渾身是れ志事と化すことと、死事仕事私事志事を観察し祓い清め最適化すること、人間関係の乱れは不運の始まりで人間関係を良くすれば運も良くなることを理解知悉し人間関係を観察し客観化し祓い清め最適化すること、自分を成長させ運を良くする3つの投資、人と会うこと、学習すること、健康をつくること、を理解知悉実践することと3つの投資、人と会うこと、学習すること、健康をつくること、を観察し客観化し、祓い清め、最適化すること、富を築き成功すること、印脈の質と量、人脈の格差、経済格差を観察し客観化し祓い清め、最適
化すること、ビジネスで人脈を得る上で礼儀を大切にする、話をする時は結論を先に述べる、仕事の電話は3分以内にする、会話が生まれる名刺を作る、を観察し客観化し、祓い清め、最適化すること、財脈をつくポイント、自分より年収の大きい人や影響力のある人と食事会を定期的に開く、無償で相手の為に活動する、つきあう人を選ぶ、自分の品格と度量を大きくする、よき運命の主治医をもつ、を観察し、客観化し最適化すること、財脈を集める風水各項目を観察し客観化し祓い清め、最適化すること、運命の主治医とその最適な要素について観察し客観化し祓い清め最適化すること、もう一度会いたくなる人になれば運は良くなる諸項目要素を観察し客観化し祓い清め最適化すること、新しい出会いの起こり、人生のターニングポイント、生活スタイル、仕事の状況、これらに伴い問題、課題、鬱滞、見直し、について観察し客観化し祓い清め、最適化すること、運は情報と時間と環境でつくられていること、人生のリセットについての諸要素を観察し客観化し祓い清めること、財脈、運脈、神脈、幸運の分ち合い、
、中間層への働きかけ、中間層への働きかけによる最適未来選択、生前転生、
吉日の選択、方位の選択、場所の選択と食の選択、風水調整、方位術、気エネルギー錬成、ライフスタイルの習慣化、こころがくつろいでいることとしての幸運、くつろぐ場のないこととしての不運、関係性調整、各種良運幸運習慣と智慧、セレンディピティ、ラックマネージメント、最適な選択、最適な邂逅とネットワーク化、
カルマを作らない在り方、徳分を増す、修養、祈り、作法、
カルマを作らない、徳分を増す、修養、祈り、満月胡麻、
瞑想の実践、祓い、鎮魂、鎮霊、吹き送り、呪詛返し、切り返し、

等に関連する各種質度量率、バランス、配合調整、動的変容、静的変容、動中の静、静中の動、明中の暗、暗中の明、運を動かすこと、動いて運を動かすこと、運命は決まっているとして本人は本人で好きなように生きればいいということ、欠点も長所もなかったことにすること、個人のカルマは宇宙のカルマであり前世などという短いスパンはほとんど関係なく宇宙が今のあなたが最適であると肯定しているということ、未来はいくら変えてもいいが今は肯定した方がいいということ、運命は決まっているが改善できること、風水で60倍の差があること、運が良い事と幸福の関係、高い意識の状態にあることが幸福であるということ、意識潜在意識無意識の相互フィードバック作用、人と場並びにより広義かつ茫漠たる何事かの段階的階層的影響と狭義かつ精密たる何事かの段階的階層的影響と相互作用、
和多志は以上の文字、文章、字、言葉、詞、文体、拍子、調子、ニュアンス、記憶、認識、その他最適な全てについて、常に最適に未然法祓い、各種祓い、鎮魂鎮霊、守護結界作用、呪詛返し、切り返し、言霊発動、ロゴストロン周波数最適周波数受信発振転写、し最適な現実現象を最適に創造し意識進化した。
和多志は上記文章に関連する人、人、団体、イメージされる個人、個人、人、人、団体、集団、それらの人、人からの投影、承認欲求、自惚れ、空しさ、空虚さ、劣等感、優越感、二元性、二項対立、自我、プライド、欲望、罪悪感、怒り、畏れ、恐れ、嘆き、恥、無感動、裁き、個人の意識指数に由来する全て、特定の非個人的なエネルギーフィールドに由来する全て、井沢元彦的言霊信仰、血の穢れによる差別的発想と現代に続く排他性等由来の全て、穢れ思想、話し合い万能主義、怨霊信仰に基づく排他的攻撃性と慰霊性由来の全て、復讐、復讐心、嫌がらせ、嫌悪感、自己撞着的排他性、自己憐憫的攻撃性、被害者意識的自己卑下、個人の優越性幸福感その他を確信していることによって生じる有頂天の埋め合わせとして生じやすい日本人特有の後ろめたさを動機とした全て、各種呪術的全て、各種集合意識エネルギーによるゾンビ化現象に由来する全て、個の不安恐怖心に由来する全て、本人たちの安全確保の為の各種依存性に由来する全て、個の信念観念価値観等に由来する意識野無意識野上の強圧性同調性不安神経性等に由来する全て、親近者同士のパワーゲームによる責任転嫁、各種動機\xA4
砲發箸鼎塚鶲嫖Ľ僻韜鄰羹釥△ǂ泙辰討舛磴鷏六,靴討舛磴鷏呂粒銅錙⌅❹津槪燭蝓△笋泙靴機△Δ箸泙靴機△Δ靴蹐瓩燭機△僕獲茲垢詬瑋徑尭魁∧朮髻∧愍莊晃顗⇒畯慇Ⅶ惴顗⇒瑋徑尭垣①⊅韻覆詭詰鋓髻〳銅錺疋哀沺△箸个辰舛蝓⦆鶲媽①∋般鮴①△世世短劼屬蝓〵昱供〵晈澄〵晥顗〵昢鼻〵曺僉〵晷Ą〻唎❹蝓∧舒Α△┐海劼い①⌅鹵耄É①▲┘粥∋篥ę瀚勝⇒澣瓠⊂霪亜⊂彳粟①∪埒馮深妖Ű以Ůŕ娠顗⌅深諭⌅身咩⌅刃澄⌅慎奸∪嫻づ床如∧頂薪ž晃顗⊆ʊ垠晃顗⊄承垠晃顗⊆ɔ碧姫卮娠顗⌅深諭∀斥鈇里垢蠡悗─▲皀薀襪硫,敬佞院⌆汁愿Ś廛薀校弭諭⌆汁愿Ś廛薀更堝亜〻表蠹ĺ从甲妖ęノ忡獣如⊆ɔ僻歡蝓⊆ɔ糞盾屐⊆ɔ淵▲圈璽襦⊆ə媼渦畩蝓⊆ɔ文下㉝漾⊆ɔ奮ɥ㉝漾⊆ɔ米誼紂⊆仕福∩∨勝∩鍪緞釥〵響院〵盾屐〵真完典粥〵実屐〵浸澧愀言①⊇蠡依澣瓠⊇蠡暗ź浸澌多幹供∋拉柩漾"預戸漾∉営完砧呂龍垸廖⌅鏗下坩媼院~坦下坩媼院⇒弋瓠⇒澣瓠〴鼎─"預検ゟ況癲"狃漫↔戮靴垢ǂ掘⌅親扱狙\xAE、違和感、誤解、曲解、意図、意思、意向、反動形成、軽蔑、各種常識、良識、良心、識別力、無理解、無関心、無思慮、無分別、無理、無茶、無謀、無鉄砲、無法、軽薄短小、生霊、
死霊、呪詛、怨恨、怨嗟、ひがみ、そねみ、ねたみ、承認欲求由来の全て、交感神経に関する情緒、羨む、妬む、疎む、憎む、恋う、頼る、避ける、悲しむ、泣く、苦しむ、困る、呻く、怖れる、淋しい、虚しい、苛だたしい、惨め、嫌う、悪む、憤る、鬱ぐ、昂ぶる、焦る、慢る、驕る、傲る、罵る、叱る、蔑む、辱む、侮る、謗る、咎む、怒る、怨む、呪うと、副交感神経に関する情緒語、親しむ、愛でる、慕う、哀れむ、憐れむ、想う、思う、喜ぶ、媚ぶ、笑う、楽しむ、安んずる、慶ぶ、睦む、誇る、好む、憂う、沈む、鎮む、褒める、尊ぶ、慈しむ、根本情緒語である五情、覚える、省みる、悔やむ、恥じる、畏れる、に由来する全て、意識のスケールにおける神の視点としての、自己、存在すべて、一なるもの、賢さ、慈悲、霊感、授権、許容、無関心、報復、否定、懲罰、軽視、避難、悪意、嫌悪、人生の視点としての、完璧、完結、恩恵、意義、調和、希望、満足、実現可能、要求、敵対、失望、脅威、悲劇、絶望、悪、悲惨、レベルとしての解脱、平和、喜び、愛、合理性、受容、意欲、中立、勇気、プライド、怒り、欲望、恐れ、悲嘆、無気力、罪悪感、恥、ログとしての、7001000

おべんきょお


靖国問題と言う代物は
みんな表面だけを見て
あーだこーだと中国韓国にケチをつけます
でも、
この際韓国はスルーして
中華人民共和国の政治史について整理します
中華人民共和国が建国して間もなく
朝鮮戦争が起きました
当時の国連軍の仁川上陸作戦によって形勢はガラリと変わり
北朝鮮は崩壊寸前になりました
大体のあらましは
を見てもらえばわかるのですが
ここで重大なことがあります
当時の中華人民共和国は、一応国としての体裁は整っていても
実際は 多くの共産党系軍閥の寄り合い所帯だったことです
日本でも 明治維新の後に 西南戦争に代表される権力闘争があったように
こんな状態では 普通はまた内戦が起きるはずだったんです
でもそのタイミングで朝鮮戦争が起きました
もし豆満江までアメリカ軍が来たら
当時の中国の生命線であった 旧満州の工業地帯が危険にさらされる と考えた毛沢東は
最初は 林彪に
「おまえ朝鮮に行け」
と命じました
ところが 林彪は 非常に政治的軍人で
自分の権力基盤が 自分が持っている軍閥であることをわかっていたので
自分の病気を理由に 毛沢東の命令を拒絶しました
毛沢東が次に目を付けたのが 彭徳懐です
彼の軍閥も非常に強力だったからです
そして彭徳懐がその命令に従い
抗美援朝義勇軍として朝鮮半島に乗り込みました
これで彭徳懐は 自らの権力基盤を失ってしまったわけです
そして時は流れ
中共大躍進政策の失敗があり
(表向きは)その責任の押し付け合いのような形で
「人類史上最大の虐殺」である 文化大革命が起きたわけです
この文化大革命の先端に立ったのが
当時は中学生か高校生ぐらいの年代であった
紅衛兵
達です
ある人の言葉に
「戦場で最も怖いのは少年兵
大人の兵士は
『最後の情け』
があるけど、少年兵にはそれがない」
と言うのがありますが
これと同じ理屈で
紅衛兵たちによる自国民の虐殺が起きたわけです

彼ら紅衛兵の多くは その後中国の官僚になりましたが
彼らは 中国の官僚として
文化大革命の本質が
軍閥を持っている者同士による 一種の宮廷クーデターで
負けた軍閥が粛清されている
という事実を知りました
その結論として彼らは
権力者による 恣意的な権力の濫用
が、どれほど怖いものかを思い知り
「中国に 『法による支配』を 根付かせないといけない」
と考えるようになりました
彼ら元紅衛兵の官僚たちが
次の時代の中国を担ってほしいと考えたのが
胡耀邦
趙紫陽
の2人でした
彼らは2人とも 法による支配 を実現しようとしていましたし
当時の最高権力者 ?小平の信任も厚く
また 非常に親日派でありました
しかし ここで 某中曽根がやらかしました
8月15日に 総理大臣として 靖国に公式参拝を表明したことです
「陛下のご質問」
という本の中に この問題についての記述がありますが
この当時 中国から何度も密使がやってきて
「これは必ず 中国国内の権力闘争の材料にされる やめてくれ」
と主張しましたが
それでも中曽根は強行突破しました
案の定 これが中国国内の権力闘争の材料にされ
親日派であった 胡耀邦 趙紫陽 は
これが原因で失脚しました
これが大体 1989年の天安門事件の頃です
これらを 当時はもう中堅官僚であった元紅衛兵たちは見てきました
彼らの目線で考えると
「おめでたい日本人のおかげで 中国の『法による支配』は 100年後のものになってしまった」
となったわけです
実際に 今の中国では
「太子党」
と呼ばれる 昔の軍閥の2世3世たちが実権を握っています

これらの歴史を全部見てきた
元紅衛兵の 今の中国の高級官僚たちは
当然 反日になり
政治家の靖国参拝に 激しく憤るわけです

義和団事件の鎮圧にあたった連合軍の最高司令官ワルデルセー将軍が
このようなことを言っています
”このように大きい国を支配することなど到底できない
 分割統治など最大の愚策である”
■首相、玉串料を奉納=超党派議員が靖国参拝
(時事通信社 - 08月15日 11:01)

«ゴッホの木バウムテスト分析解釈部分