« やまおとこは総選挙するのに海の日に海パ | トップページ | #ひよっこなう »

2017年8月12日 (土)

自分で出来る能力分析2あなたは何者?

本日の心構え
水地比二爻変

視界一杯に広がる田園の中、平穏な時を享受しています。
よき友人に囲まれ、心休まる時を過ごせます。
共に過ごす人を選びましょう。
自分から相手に対し、誠意を持って接する事で、相手からの誠意を受け取る事ができます。
身近な人との交流を大事にしましょう。
自分の行いが、人を通して返って来ます。

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!
本日の活動予定
風水土地鑑定in海老名報告書作成
山田光復FaceBook
秦の始皇帝前247年五月丙午前210年七月丙寅は、凶作を避け安定した収穫を目指して、自然界の一定法則を研究させました、現在でいう天気予報です。その天気予報考案の第一が暦の作成でした。
暦とは、現代でいうカレンダーのことです。
そして、この暦の基準にしたのが、六十干支です。

六十干支自体は、紀元前1600年紀元前1046年ごろから、
日を数えるために十干、月を数えるために十二支が使われていたようです。
紀元前403年紀元前221年ごろから、年も表すようにし、暦に用いられてきました。

年を決めるのは、なかなか難しいようで、木星が12年かけて、地球を一周することから、12年で区切りをつけていたものの、実際は、11862年のため、約86年に一度は、微調整が必要でした。
最終的には、紀元前95年の丙戌年からは、木星に関係無く、60年周期で年の干支を使うようになりました。

併せて、60か月周期で月の干支、60日周期で日の干支、60刻120時間周期で時間の干支を基準に暦が体系化されていきます。

そもそも、自然界の一定法則を推し計り体系化し天気を予報するためのものでしたが、人間も自然界の一部であるため、その影響があると考えられ検証が始まっていきました。

風水は、気を前提とした環境学といえます。人間も自然界の一部でありその環境の影響を受けて生まれてきます。生まれた時、親という環境も含め、どういう先天的を受けて生まれてきたかで、生まれつきのポテンシェルを推し計れるということが発見されました。あくまでも、生まれた時のポテンシャルです。

自然界でいえば、野菜の種類のようなものです。

あなたは、茄子なのか?キャベツなのか?
更に秋茄子なのか?春キャベツなのか?です。
しかし、当然ですが、決まっているのは春キャベツとしてのポテンシェルを持って生まれてきたということだけで、オールスローになって人間に食されるのか、作り過ぎで捨てられ肥やしになるのかは、誰も解りません。
風水コンサルタント業の社会的認知向上の為に下記のランキングボタンをクリックして頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。m()m

にほんブログ村

« やまおとこは総選挙するのに海の日に海パ | トップページ | #ひよっこなう »