« どうなる山海亭跡 | トップページ | スカウト »

2018年8月13日 (月)

この星を護る

この星を護ろうとするその思いに、
我は賛同する。
されど、大海を一人で包み込むようなことは
到底無理な事である。
私が、私が、なんとかしなければ
は時には我欲でさえある。
今、貴方は、
大海にぽっかりとたゆたいながら、
海の声、
風の色、
空の奥深さ、
太陽の輝きを浴びながら、
この星に生まれついた喜びを感じ、
そして、
その喜びを伝えていきなさい。
怒りや妬みは研ぎ澄まされていくが、
喜びや感動は優しく広がっていく。
そのうちに、
共にその喜びを分かち合う仲間が
一人二人と集まってくるだろう。
ただ、ここに在るというその喜びを
仲間たちと分かち合うこと、
それこそが貴方が思うこの星を護る
ということなのだ。
喜び愛なさい。

« どうなる山海亭跡 | トップページ | スカウト »