« やっと・・・ ( オートバイ ) | トップページ | 小田原市飯泉 飯泉ヘラブナ釣り場 - 小田原の端々 »

2018年10月17日 (水)

デニー知事、議会デビュー 「ぶれないよ〜」姿勢貫く ( ブログバトン )

http://tanakaryusaku.jp/2018/10/00018968
所信表明をする玉城デニー知事。平易な言葉のなかに平和を希求し弱者を取り残さない政治哲学が貫かれていた。=16日、沖縄県議会 撮影:田中龍作=
 沖縄県議会10月定例会がきょうから始まり、玉城デニー知事が初めて県議会に臨んだ。議場に姿を見せた知事は、ほんの数秒、自分の席を探したが、落ち着いた足取りで自席に着いた。
 所信表明演説では故翁長知事の政治哲学であった「誇りある豊かさの実現」を盛り込むことを忘れなかった。
 「辺野古新基地の建設に反対し普天間飛行場の一日も早い閉鎖を日米両政府に求めて行く」「誰一人取り残さない共生社会の実現」など選挙期間中訴え続けたことを、一言一句たがわず掲げた。
 デニー氏は衆院議員時代から「ブレないよ〜」と常々語っていたが、知事となっても、その姿勢は貫いているようだ。
散会後、記者団に囲まれる玉城知事。充実した表情が印象的だった。=16日、沖縄県議会 撮影:田中龍作=
 所信表明の後、自席に戻ったデニー知事は、コップ一杯の水をグイッと飲みほした。
 傍聴席からは智恵子夫人が心配そうに見守った。一日目が無事終わると「ドキドキした」と感想を漏らした。
 散会後、議場を去る知事に田中は尋ねた。「国会とどちらが緊張しましたか」と。知事は「国会と違うからねえ」と余裕でかわした。所信表明の後、水を飲んだことについて聞くと「所信表明は力が入ったからね」。
 他府県の議会で当たり前のようにある自公席からのヤジは、田中が耳で聞く限りなかった。圧倒的な大差で自公候補を破ったデニー氏の強みだ。
 田中は「デニー知事、議会デビュー」の取材撮影を沖縄県議会事務局に申請したが、「記者クラブ以外はお断わりします」と却下されていた。きょうは記者クラブに見咎められないように、彼らの後ろ側から撮影した。なんとか取材撮影できたしだいである。
玉城知事の県議会デビューを心配そうに見守る智恵子夫人。=16日、沖縄県議会 撮影:田中龍作=
    〜終わり〜

« やっと・・・ ( オートバイ ) | トップページ | 小田原市飯泉 飯泉ヘラブナ釣り場 - 小田原の端々 »